肝臓の数値が高くなって病院へ行った

酒を飲み過ぎると肝臓が悪くなってしまうことは、私でも知っていました。

 

しかし肝臓が悪くなると血液中のγ-GTPという酵素の数値が高くなってしまうことなど、つい最近まで全く知りませんでした。

 

γ-GTPというのは、γグルタミルトランスペプチダーゼという訳の分からないものらしいです。

 

要するに解毒作用に関係している肝臓の酵素だとのことです。

 

詳細は省きます(忘れました)が、血液中にγ-GTPが増えても、それ自体は問題ではありません。

 

ただ、健康診断の時などに、脂肪肝かどうかが分かるのです。

 

特に私のように酒ばかり飲む中年男性は、飲み過ぎによるアルコール性脂肪肝が怖いそうです。

 

ちなみにγ-GTPの正常値は、男性であれば50以下であり、女性ならば32とのことです。

 

この価は100以下であれば、比較的簡単に正常値に戻せるそうです。

 

γ-GTPの値で注意しなければならないのは、100以上になった時です。

 

と言うのも100から200くらいになると、脂肪肝が進んでしまっている可能性があるからです。

 

しかも200を超えてしまうような場合ですと、胆石や胆道がんなどで胆道が詰まってしまっている危険まであるのです。

 

これは非常に深刻な事態と言えますので、一日も早く病院へ行って精密検査を受けるべきです。

 

肝臓などは悪くなってもなかなか痛くならないようなので、痛くなくても数値が異常になったら病院へ直行すべきです。

 

さもないと、私のように入院してしまい、辛い治療生活を開始しなければならなくなります。

 

皆さん、本当にこうなる前に何とかすべきです。